Marine Recreation Activities
ウェアなど用品を揃えるなら
 
海に出るのに困るのが、何を着ればいいのか、そのウェアなどだと思います。レンタルもあるところがありますので、スクールや釣り船などでは、レンタルを問い合わせてみるのも一つかもしれませんが、ご自身の趣味で始められるのには、少しずつ揃えられることと思いますので、いくつかご紹介しておきます。
 
海のウェアでオススメしたいのは、重ね着をして調整するようにできるように揃えることです。
一番下に着るもの(ラッシュガードなどの薄い素材)、次に着るもの(ウェットスーツやフリース素材のものなど)、一番外に着るもの(パドリングジャケットやコースタルジャケットなど防水防風性に優れたもの)という具合に用意しておき、天候に合わせて、組合せで調整するのが基本です。
 
 
中古のウェットスーツなど
 
ブックオフでは、下の2店舗に中古のウェットスーツなどがあることがあります。
 ◎ BOOKOFF SUPER BAZAAR 鎌倉大船 http://www.bookoff.co.jp/shop/shop71013.html
 ◎ BOOKOFF 鎌倉手広店 http://www.bookoff.co.jp/shop/shop10731.html
 
中古のウェットスーツは、かなり消耗しているものもあり、必ずしもおすすめするわけでもないのですが、海のウェアはあまり体のサイズに合わないものは安全面などでもよくありません。従って、お子様のウェアはすぐに着れなくなったりするので、そのサイズを選ぶのはなかなか苦労します。そこで、中古ウェアを活用するのは、コストも抑えられるのでメリットがあります。また、長く続けられるか自信がない場合に、とりあえずというのであれば、中古もよいかもしれません。ここでよく売られているウェットスーツは、主にサーフィン用のものが多いです。
 
葉山セーリングカレッジの関連のお店であるhayama sea clubでも、中古品のウェットスーツが出ているのを見かけたことがありますが、これはいつもあるわけではないようです。どうもスクールで使用したレンタルウェアの放出品のようでしたが、物が使いやすくてあると重宝するものでしたので、ご紹介しました。
 ◎ hayama sea club http://yacht.shop-pro.jp/
 
 
代替品のおすすめ(ユニクロやワークマンなどの製品から)
 
ユニクロやGUでは、販売する季節により入手できる製品が異なりますが、春夏だとラッシュガードの代替え品になるような製品(日焼けなどから通年長袖がおすすめ)が入手できますし、ヒートテックフリースのような薄手のフリースなどもあり、こうした製品を防水性のあるウェアの下に着るといいと思います。
ワークマンでは、ウェット素材のソックスなどが入手できます。品質も裏地起毛など向上していて、1,000円前後です。
 
 
釣り用のウェア
 
これは、主に寒くなってきたシーズンだと思いますが、釣具メーカーのゴアテックス製品は、素材がいいので高価です。
他には、量販店などのオリジナル製品なども安価です。イカリのマークのカッパ上下を着ている方も多いと思います。